2024年度戦力分析野手編~オリックスバファローズ~

 

何はともあれ野球推しです。

 

 

 今回は各球団の開幕前戦力分析を行っていきたいと思います。今回は野手編ということで各球団の野手を0.5~10点と点数をつけて評価したいと思います。ちなみに記事を出す順番はルーレットで決めました。それでは見ていきましょう!!

 

 

今回は日替わりオーダーで4連覇へ!!オリックスバファローズです!!!

 

 

目次

  1. 総合得点
  2. ポジション別解説
  3. まとめ

 

 

 

 

総合評価

評価のイメージは以下の通りです。

   イメージ           

10点:最強                

9点:                 

8点:球界でもトップクラス       

7点:タイトルを狙える    

6点:            

5点:他球団でも1年間レギュラーを張れる  

4点:

3点:自チームのレギュラー格

2点:レギュラーが抜けた時に穴を埋められる

1点:途中出場からでも存在感を出せる 

0.5点:期待枠orサブ

 

 野手は投手と違い守備など数字に現れない貢献度も多いので具体的な数値は設けず、個人的なイメージで評価を付けたいと思います。

 ちなみに今回の評価はかなり辛めに付けています。一軍で計算できる選手を0.5点~つけていますので、点数がついているだけ凄いです。他球団でもレギュラーを張れる選手が5点ですからね。10点の選手はほぼ出ないと思ってください。

 計算が立ちやすいということで複数年連続で結果を残している実績のある選手を高めに評価しており(巨人の岡本選手など)、逆に昨年ブレイクしたような単年活躍の選手は少し評価を落としています(日本ハムの万波選手など)。

 ちなみに◎がついている人はレギュラー確定の選手です。また、パリーグはDHがあるのでその分点数が伸びやすいです。

 

 

2024年度想定戦力

10点:

9点:森

8点:

7点:西川

6点:中川、頓宮、宗

5点:若月、紅林

4点:杉本、ゴンザレス

3点:セデーニョ

2点:トーマス、野口、宜保

1点:茶野、小田、福田

0.5点:太田、廣岡、大城、西野、佐野、安達、T岡田

計67.5点

 オリックスは高得点を出せる選手が多いですね。球界トップクラスの打撃力を持つ森選手を始めレギュラー格の中川選手、宗選手、若月選手、紅林選手、昨年大ブレイクした頓宮選手に今年から加入した西川選手とレギュラー格は粒ぞろいです。ここに杉本選手、ゴンザレス選手、セデーニョ選手と打力のある選手がまだまだ控えていますし、若手有望株の野口選手、茶野選手、宜保選手なども戦力になっていました。福田選手、小田選手、西野選手、大城選手、山足選手といった中堅組もそれぞれの役割を全うしていますし、適材適所の起用で4連覇を成し遂げたと思います。

 

捕手

序列 名前 点数 備考
1番手 9点 正捕手、DH起用あり
2番手 若月 5点 2人目の正捕手、併用
3番手 石川   第三捕手、ムードメーカー
4番手 福永   若手期待枠
5番手 頓宮 6点 ファーストのレギュラー
6番手   高卒ルーキー
7番手 池田   外野の若手有望株、サブポジ

 捕手は球界トップクラスの打撃力を持つ森選手と球界トップクラスの守備力を持つ若月選手が併用されています。昨年はベストナインを森選手、ゴールデングラブ賞を若月選手を受賞していることから2人とも高いレベルにいることがわかりますね。森選手が離脱した時には、若月選手がほぼ1人でマスクを被っていました。この2人がいることがオリックスの強みの1つであると思います。第三捕手として一軍でもある程度計算できる石川選手が控えているのも心強いですね。ベンチでも常に声を出しムードメーカー的な存在にもなっています。若手有望株には福永選手も控えているようですし、外野の若手有望株である池田選手もサブポジとして捕手に挑戦するようですね。上位2人が同時に離脱することがない限りここは安泰です。

 

ファースト

序列 名前 点数 備考
1番手 頓宮 6点 レギュラー◎
2番手 セデーニョ 3点 主力格、DH起用あり
3番手 中川 6点 外野のレギュラー、サブポジ
4番手 ゴンザレス 4点 主力格、ユーティリティー
5番手 T岡田 0.5点 ベテラン
6番手 太田 0.5点 若手有望株、サブポジ
7番手 廣岡 0.5点 ユーティリティー

 ファーストは昨年ブレイクし首位打者のタイトルを獲得した頓宮選手が入ります。今春も状態はいいようですし今年もやってくれると思います。2番手には昨年の中盤に4番に座り大爆発を見せたセデーニョ選手がいますね。守備には多少目をつぶりますが打撃力はかなり高いです。ここに外野のレギュラー格である中川選手やユーティリティーのゴンザレス選手も控えていて層が厚いです。ベテランのT岡田選手もここまでケガなしで練習を積めており状態はいいようですね。頓宮選手がメインである程度流動的になると思います。

 

セカンド

序列 名前 点数 備考
1番手 ゴンザレス 4点 主力格、ユーティリティー
2番手 宜保 2点 若手有望株、レギュラー候補
3番手 太田 0.5点 若手有望株、レギュラー候補
4番手 安達 0.5点 実績組、ベテラン
5番手 西野 0.5点 実績組
6番手 大城 0.5点 実績組、ユーティリティー
7番手 廣岡 0.5点 ユーティリティー

 セカンドは昨年ユーティリティーのゴンザレス選手と若手有望株の宜保選手がメインで併用されていました。ゴンザレス選手はメジャー級の守備力と打率は低いながらも12本塁打を放ったパンチ力を併せ持っています。宜保選手は守備力に定評がありましたが、昨年は打率279と課題の打撃でも成長を見せましたね。ここに数年前から期待を受けている太田選手を加えた3人のレギュラー争いになると思います。太田選手を同学年の宜保選手の活躍に刺激を受けていると思いますし、ケガなく1年過ごしてほしいです。また、実績組の安達選手、大城選手、西野選手も控えていて、途中出場やたまにのスタメン起用で貢献してくれます。レギュラーは決まっていませんが、流動的にな起用でも何とかなる陣容です。

 

サード

序列 名前 点数 備考
1番手 6点 レギュラー◎
2番手 ゴンザレス 4点 主力格、ユーティリティー
3番手 廣岡 0.5点 ユーティリティー
4番手 西野 0.5点 実績組
5番手 太田 0.5点 若手有望株、サブポジ
6番手 大城 0.5点 実績組、ユーティリティー
7番手 内藤   高卒2年目、二軍で育成

 サードは3年連続ゴールデングラブ賞ベストナインを獲得している宗選手がいるのでここは安泰ですね。ただ、年々打撃成績と出場試合数を下げているので体の状態が心配ですね。もし、宗選手が抜けた時にはユーティリティーのゴンザレス選手が入れるのが大きいです。ただ、ゴンザレス選手も年齢的にもケガが多い選手ですので、上位2人のコンディションが揃わない時は苦しくなりそうです。廣岡選手、西野選手、太田選手あたりが宗選手の休養のために合間に出場するくらいがちょうどいいと思います。

 

ショート

序列 名前 点数 備考
1番手 紅林 5点 レギュラー◎
2番手 野口 2点 若手有望株
3番手 ゴンザレス 4点 主力格、ユーティリティー
4番手 宜保 2点 若手有望株、ユーティリティー
5番手 大城 0.5点 実績組、ユーティリティー
6番手 山足   ユーティリティー
7番手      

 ショートはレギュラー格の紅林選手がいるのでここは安泰ですね。守備の安定感、体の丈夫さはもちろんですが、昨年は打撃成績を大幅アップさせてベストナインを獲得しています。まだ若いですが押しも押されぬレギュラーに成長しました。ここに紅林選手を押しのけ昨年の開幕スタメンの座を掴んだ野口選手が控えていて層が厚いですね。あの身体能力の高さを見ると起用したくなる選手です。ここにショートも対応できるゴンザレス選手、宜保選手が控えています。基本が紅林選手ですが、野口選手がレギュラー争いに加わるとさらにハイレベルになると思います。

 

レフト

序列 名前 点数 備考
1番手 西川 7点 広島から加入、レギュラー◎
2番手 杉本 4点 主力格、4番候補
3番手 福田 1点 2番手、実績組
4番手 小田 0.5点 実績組、守備固め
5番手 廣岡 0.5点 ユーティリティー
6番手 池田   若手有望株
7番手 来田   若手有望株

 レフトは広島から加入した西川選手が第一候補ですね。外野全ポジション対応できますが、昨年もレフトがメインでしたしここが落ち着くと思います。ここに3年前の本塁打王である杉本選手がいますね。調子に波があり最近は出たり出なかったりですが、爆発力は球界屈指です。杉本選手が4番に座れるようだと12球団でもトップクラスの打線を組めると思います。さらに、実績のある福田選手や守備の名手小田選手も要所でスタメン起用され戦力になっていました。廣岡選手、池田選手、来田選手、元選手と上積みを見込める選手も多数いますね。基本的には西川選手がメインですが、西川選手が別ポジションで起用されるとチャンスが出てくると思います。

 

センター

序列 名前 点数 備考
1番手 中川 6点 レギュラー◎
2番手 福田 1点 2番手、実績組
3番手 渡部   若手有望株
4番手

佐野

0.5点 代走の切り札
5番手 小田 0.5点 実績組、守備固め
6番手 杉澤   若手期待枠
7番手   若手期待枠

 センターは昨年メインで起用されていた中川選手が第一候補です。レフト、ライトももちろん守れますが、外野の陣容を見る限り今年もセンターで起用される場面が多そうです。2番手にはゴールデングラブ賞の受賞歴もある福田選手が控えていますね。粘り強い打撃と高い走塁技術を合わさりレギュラーでも貢献できる選手です。ここに途中出場でも存在感を出せる佐野選手、小田選手や若手有望株の渡部選手、杉澤選手が控えています。西川選手もセンターを守れますが、実際は両翼での起用がメインになると思います。メインは中川選手で中川選手が他ポジションに回るようだとチャンスが出てくると思います。

 

ライト

序列 名前 点数 備考
1番手 トーマス 2点 新外国人
2番手 杉本 4点 主力格、4番候補
3番手 野口 2点 若手有望株、レギュラー候補
4番手 茶野 7点 若手有望株、レギュラー候補
5番手 西川 7点 広島から加入
6番手 廣岡 0.5点 ユーティリティー
7番手   正捕手、サブポジ

 ライトはレギュラーが固まっていません。一応、1番手の欄に新外国人のトーマス選手を入れていますが、一軍で起用されることが確約されている選手なので入れているだけでレギュラーというわけでは全くありません。とは言え長打力のある選手ですし、打力は期待されていると思います。他にも昨年メインで起用されていた野口選手、茶野選手に4番候補の杉本選手もいます。局所的に活躍のある廣岡選手や昨年のポストシーズンでは森選手の起用がありましたね。ここは流動的になると思います。

 

DH

序列 名前 点数 備考
1番手 セデーニョ 3点 4番候補
2番手 杉本 4点 4番候補
3番手 9点 捕手で出ない時
4番手 頓宮 6点 他ポジションとの兼ね合い
5番手 西川 7点 ケガが心配
6番手 トーマス 2点 新外国人
7番手      

 DHは捕手が若月選手の場合は森選手が優先的に入ります。捕手が森選手の場合は打力のあるセデーニョ選手や杉本選手の起用が多くなりそうですね。コンディション面も考えて西川選手、頓宮選手が入る場面もあると思いますし、新外国人のトーマス選手も結果を出せばこの位置で起用もあると思います。ここは他ポジションとの兼ね合いで変わりそうです。

 

途中出場組

役割 名前 点数 備考
代打

T岡田

0.5点 代打の切り札、ベテラン
代走兼守備固め 佐野 0.5点 代走の切り札
代打 西野 0.5点 実績組
代走兼守備固め 小田 1点 実績組
何でも屋 福田 1点 二、外野全
第三捕手 石川   実績組
代走兼守備固め 大城 0.5点 内野全
代打兼守備固め 廣岡 0.5点 内外野
守備固め 山足   内野全

 代打にはベテランのT岡田選手が控えています。今年は春季キャンプをケガなく完走していて状態はいいようです。昨年はこの位置の選手に苦労した印象があるので岡田選手が切り札となってほしいです。他にも長打力のある廣岡選手や粘り強い打撃を見せる福田選手、西野選手の起用もありそうです。試合によっては主力選手がベンチにいる場合もあるのでその選手たちの起用もあると思います。

 代走は切り札である佐野選手や実績組の小田選手、福田選手、大城選手の起用が多いです。というのも若手有望株の渡部選手などは二軍で育成している場合がほとんどですからね。実績組も爆発力には欠けますが安定感がありますね。

 守備固めは内野はユーティリティーの大城選手、山足選手や外野の小田選手、佐野選手、内外野守れる廣岡選手の起用が多いですね。

 実績組を中心に主力選手を支えている印象です。

 

理想のオーダー

レギュラー   ベンチ要員
1番 太田   代打 T岡田
2番 西川   代走兼守備固め 佐野
3番 中川   代打兼守備固め 廣岡
4番   二番手 若月
5番 頓宮   二番手 野口
6番 セデーニョ   二番手 ゴンザレス
7番 杉本   二番手 福田
8番 紅林   二番手 宜保
9番   第三捕手 石川
        代走兼守備固め 小田

 とりあえず森選手が捕手のパターンで考えました。レギュラーが固まっていないライトには杉本選手、セカンドには期待を込めて太田選手を起用しました。1番セカンドに太田選手が定着出来ればこの上ない戦力アップだと思います。打順も上位に西川選手、中川選手、森選手、頓宮選手と強力な選手が揃い、下位に杉本選手、紅林選手、宗選手を置けるくらい層が厚いです。

 2番手として若月選手、ゴンザレス選手、野口選手なども控えておりバラエティー豊かなオーダーが組めると思います。

 途中出場組にもT岡田選手、小田選手、佐野選手など存在感を出せる選手が控えています。他にも実績組の安達選手や大城選手、西野選手、新外国人のトーマス選手も外れているので入れ替え選手も豊富です。

 こう見ても全体的に層が厚いように感じます。

 

まとめ

 オリックスは一軍で戦力となる選手が多いですね。軸となる選手も複数いてバラエティー豊かながら常に強力な打線を形成出来ると思います。途中出場が中心の中堅組も大事な戦力になっていると思います。

 

 

他球団の戦力分析はこちらから

 ↓   ↓   ↓   ↓  

開幕前戦力分析2024 カテゴリーの記事一覧 - 何はともあれ野球推し (zabero.net)

2024年度戦力分析野手編~中日ドラゴンズ~

 

何はともあれ野球推しです。

 

 

 今回は各球団の開幕前戦力分析を行っていきたいと思います。今回は野手編ということで各球団の野手を0.5~10点と点数をつけて評価したいと思います。ちなみに記事を出す順番はルーレットで決めました。それでは見ていきましょう!!

 

 

今回は野手次第では台風の目に!?中日ドラゴンズです!!!

 

 

目次

  1. 総合得点
  2. ポジション別解説
  3. まとめ

 

 

 

 

総合評価

評価のイメージは以下の通りです。

   イメージ           

10点:最強                

9点:                 

8点:球界でもトップクラス       

7点:タイトルを狙える    

6点:            

5点:他球団でも1年間レギュラーを張れる  

4点:

3点:自チームのレギュラー格

2点:レギュラーが抜けた時に穴を埋められる

1点:途中出場からでも存在感を出せる 

0.5点:期待枠orサブ

 

 野手は投手と違い守備など数字に現れない貢献度も多いので具体的な数値は設けず、個人的なイメージで評価を付けたいと思います。

 ちなみに今回の評価はかなり辛めに付けています。一軍で計算できる選手を0.5点~つけていますので、点数がついているだけ凄いです。他球団でもレギュラーを張れる選手が5点ですからね。10点の選手はほぼ出ないと思ってください。

 計算が立ちやすいということで複数年連続で結果を残している実績のある選手を高めに評価しており(巨人の岡本選手など)、逆に昨年ブレイクしたような単年活躍の選手は少し評価を落としています(日本ハムの万波選手など)。

 ちなみに◎がついている人はレギュラー確定の選手です。また、パリーグはDHがあるため点数が伸びやすいです。

 

 

2024年度想定戦力

10点:

9点:

8点:岡林

7点:

6点:中田、細川

5点:大島、木下

4点:

3点:石川

2点:宇佐見、ビシエド、ディカーソン

1点:カリステ、石橋、龍空、村松、福永

0.5点:高橋、中島、加藤翔、後藤、田中、上林、三好、ロドリゲス、辻本

計48.5点

 野手が課題と言われる中日ですが、上位層の選手は悪くないですね。球界屈指のリードオフマンで守備もハイレベルな岡林選手に毎年安定して高い出塁率を残すベテランの大島選手の1,2番コンビは他球団と比べても遜色ないレベルだと思います。これ以降のポイントゲッターが課題でしたが、昨年覚醒した細川選手と4番候補の石川選手の更なる上積みや新加入の中田選手、ディカーソン選手に期待できるため昨年ほど苦しむことは少ないと思います。残るは二遊間ですが春季キャンプで育成で加入したロドリゲス選手やドラフト3位ルーキー辻本選手がアピールしています。田中選手もケガから復帰しますし既存の龍空選手、村松選手、福永選手、カリステ選手らにはいい刺激になりそうですね。他にも外野手の三好選手がいいアピールをしているようですし、新戦力が続々と台頭してきてもおかしくないと思います。

 

捕手

序列 名前 点数 備考
1番手 木下 5点 正捕手
2番手 宇佐見 2点 第二捕手、サブポジ有り
3番手 石橋 1点 若手有望株
4番手 加藤匠   第三捕手
5番手 味谷   高卒3年目、二軍で育成中
6番手 山浅   高卒2年目、二軍で育成中
7番手      

 捕手は他のポジションより層が厚いです。攻守共に平均以上を出せる正捕手の木下選手に昨年から加入し木下選手が抜けた時に穴を埋めた宇佐見選手、若手有望株の石橋選手と一軍で戦力になれる選手が複数人います。宇佐見選手は打撃力を活かしてファーストでの出場も多かったですね。ここに第三捕手としてケガが少なく守備に定評のある加藤選手も控えていて心強いです。木下選手への負担が少し大きいですが、木下選手が長期離脱とかしない限り崩れることはないと思います。

 

ファースト

序列 名前 点数 備考
1番手 中田 6点 巨人から加入、4番候補
2番手 ビシエド 2点 実績組、今年から日本人扱い
3番手 宇佐見 2点 捕手、サブポジ
4番手 中島 1点 ベテラン、巨人から加入
5番手 細川 6点 ライトのレギュラー、サブポジ
6番手 石川 3点 主力格、サブポジ
7番手 福永 1点 二遊間候補、サブポジ

 ファーストは新加入の中田選手にまず注目ですね。今年で35歳になりますが3度の打点王を獲得した打撃はまだ衰えていません。守備もハイレベルですし体が万全ならシーズン通して活躍してほしい選手です。二番手に長年チームを支えたビシエド選手も控えています。昨年はかなり苦しみましたが本来ならば主軸に座って欲しい選手です。今年から外国人枠から外れますし外野も含めて起用の仕方を考えると思います。他には今年から加入した中島選手も起用法は考えなければいけないですが確実に戦力になりますし、他サブポジ勢の宇佐見選手、細川選手、石川選手、福永選手らもチーム状況によっては起用があると思います。若手有望株の鵜飼選手も練習しているようですね。とにかく中田選手の状態次第です。

 

セカンド

序列 名前 点数 備考
1番手 村松 1点 レギュラー候補
2番手 福永 1点 レギュラー候補
3番手 田中 0.5点 サブポジ
4番手 龍空 1点 ショートのレギュラー候補
5番手 カリステ 1点 ユーティリティー
6番手 辻本 0.5点 ドラフト3位ルーキー
7番手

高橋

0.5点 実績組

 セカンドはレギュラーが固まっていなのでここは争奪戦ですね。昨年は打力のある福永選手と守備に定評のある村松選手がメインで起用されていました。ただ、この2人もレギュラー確定とは至っていませんね。ケガから復帰する田中選手や昨年はショートでの起用が多かった龍空選手、カリステ選手も候補に上がってきます。春季キャンプで絶賛アピール中のドラフト3位ルーキー辻本選手にもチャンスはあると思います。実績組の高橋選手、石垣選手、新加入の山本選手の逆襲も大事になってくると思います。激しいレギュラー争いを繰り広げポジション全体が上がっていくことに期待したいです。

 

サード

序列 名前 点数 備考
1番手 石川 3点 若手有望株、4番候補
2番手 高橋 0.5点 2番手、実績組
3番手 福永 1点 セカンドがメイン、サブポジ
4番手 カリステ 1点 ユーティリティー
5番手 山本   阪神から加入、ユーティリティー
6番手 石垣   実績組
7番手      

 サードは基本的には若手有望株の石川選手が入ることになると思います。昨年は春季キャンプをケガで全う出来なかったので今年は万全の状態でシーズンに臨みたいです。2番手には実績のある高橋選手が控えています。打率3割を達成したシーズンもあり本来ならば2番手と言われる選手ではないです。近年は苦しんでいますが、守備力も高いですし打撃が復活すれば再度レギュラーになれる選手です。ここに打撃に定評のある福永選手やユーティリティーのカリステ選手、山本選手が控えています。石川選手と高橋選手のレギュラー争いに注目です。

 

ショート

序列 名前 点数 備考
1番手 龍空 1点 レギュラー候補
2番手 カリステ 1点 レギュラー候補
3番手 辻本 0.5点 ドラフト3位ルーキー
4番手 ロドリゲス 0.5点 新加入、育成選手
5番手 田中 0.5点 次期二遊間候補
6番手 津田   ドラフト2位ルーキー
7番手 山本   ユーティリティー

 ショートはもレギュラーが固まっていないですね。昨年は高卒3年目ながら高い守備力を持つ龍空選手がメインで起用されていました。ただ、打撃が課題で終盤は打撃力のあるカリステ選手が起用される場面が多かったです。春季キャンプではドラフト3位ルーキーの辻本選手と新加入のロドリゲス選手が高い守備力で存在感を発揮していますね。ロドリゲス選手は育成選手ですし外国人枠もあるので難しい部分もありますがそれを差し引いても一軍で見てみたい選手です。ケガで出遅れていますがドラフト2位ルーキーの津田選手もいますし、セカンド同様熾烈なレギュラー争いに注目です。

 

レフト

序列 名前 点数 備考
1番手 ディカーソン 2点 レギュラー候補
2番手 大島 5点 若手有望株
3番手 鵜飼 0.5点 若手有望株、スラッガー
4番手 ブライト   若手有望株
5番手 上林   ソフトバンクから加入
6番手 三好 0.5点 春季キャンプからアピール
7番手      

 レフトは大ベテランの大島選手がメインで起用されていましたが、今年はわからないですね。というのも新外国人としてメジャーで通算40本塁打を放ったディカーソン選手がから加入したため昨年のアキーノ選手同様初めは起用されると思います。どれだけ日本球界になれることが出来るかが注目ですね。他にも長打力は球界でもトップクラスの鵜飼選手に高い身体能力を持つブライト選手の若手有望株コンビに春季キャンプから存在感を示している三好選手も控えています。ソフトバンクから加入した上林選手もポテンシャルは高いですし、覚醒すれば大きな戦力です。ディカーソン選手次第ですが大島選手もいますし他球団にも遜色ないポジションです。

 

センター

序列 名前 点数 備考
1番手 岡林 8点 レギュラー◎
2番手 三好 0.5点 春季キャンプで存在感
3番手 上林 0.5点 ソフトバンクから加入
4番手

後藤

0.5点 守備固め
5番手 加藤翔 0.5点 守備固め
6番手   若手期待枠
7番手 ブライト   若手期待枠

 センターはレギュラーの岡林選手がいるのでここは安泰ですね。ただ、春季キャンプで軽度なケガもありましたし今年はライトでも起用があるようなので二番手以降も大事になってきます。春季キャンプでは三好選手がアピールしていますね。岡林選手と同じ俊足巧打タイプですが、足は岡林選手より速いです。当然レギュラーを狙っていると思いますが、一軍にいれば代走や守備固めでも起用できる選手ですね。ソフトバンクから加入した上林選手も守備力は高いですし、広いバンテリンドームでもセンターが務まると思います。若手有望株ではドラフト1位のブライト選手や内野からコンバートした濱選手が控えています。守備固め要員としてハイレベルな後藤選手、加藤翔選手もいますね。育成ルーキーの尾田選手春季キャンプでアピールしているようです。基本は岡林選手ですが、岡林選手の状態や他のポジションとの兼ね合いでメンバーが変わりそうです。

 

ライト

序列 名前 点数 備考
1番手 細川 6点 レギュラー◎、4番候補
2番手 岡林 8点 レギュラー格
3番手 上林 0.5点 ソフトバンクから加入
4番手 三好 0.5点 春季キャンプで存在感
5番手 鵜飼   若手有望株
6番手 ブライト   若手有望株
7番手 川越   昨年西武から加入

 ライトは昨年大ブレイクを果たした細川選手がいるのでここは確定ですね。チームの課題であるポイントゲッターとして昨年以上の活躍を目指していると思います。ここにセンターのレギュラーである岡林選手のライト起用も考えられているようですね。その場合細川選手はレフトやファーストに回ると思います。その他にも上林選手や三好選手、鵜飼選手など候補は多いです。細川選手が2年目のジンクスに苦しむことが無ければ1年間細川選手がメインになると思います。

 

途中出場組

役割 名前 点数 備考
代打 中島 0.5点 代打の切り札
代打 宇佐見 2点 左の代打
代打兼守備固め 高橋   左の代打、三
守備固め 山本 0.5点 内野全ポジション
何でも屋 上林 0.5点 外野
守備固め 後藤 0.5点 外野
代走兼守備固め 加藤翔 0.5点 外野
第三捕手 加藤匠    
代走兼守備固め 田中 0.5点 若手有望株、二遊間

 昨年は代打の人選に苦労しましたが、今年は改善されそうです。巨人から加入した中島選手は通算1900本以上の安打を放っているレジェンドで打撃技術はまだ衰えていないです。今年は代打の切り札として期待されていると思います。さらに、勝負強い打撃を見せる宇佐見選手もベンチにいれば代打として起用できます。ベテランの大島選手もだんだんと途中出場が多くなってくるので代打での貢献が増えると思います。実績組の高橋選手、上林選手もいますしある程度期待できると思います。

 代走には切り札的な選手はいませんが、昨年は加藤翔選手が起用されることが多かったです。今年は三好選手やケガから復帰する田中選手もいますし、選択肢が増えると思います。

 守備固めにも内野全ポジションを守れる山本選手やサードの名手高橋選手、外野守備は球界トップクラスの後藤選手など粒ぞろいですので、ここの心配はないと思います。

 

理想のオーダー

レギュラー   ベンチ要員
1番 岡林   代打 中島
2番 村松   代打 ビシエド
3番 石川   代打兼守備固め 高橋
4番 細川   二番手 宇佐見
5番 中田   二番手 大島
6番 ディカーソン   二番手 カリステ
7番 木下   第三捕手 加藤匠
8番 龍空   守備固め 後藤
9番     代走兼守備固め 加藤翔
        何でも屋 田中

 二遊間以外のスタメンはある程度決まっていますね。レフトは新外国人のディカーソン選手が最初は起用されそうなので大島選手は外しました。二遊間は昨年もメインで起用された2人をとりあえず入れました。田中選手はケガ上がりですし、今年は途中出場がメインになりそうです。この陣容であれば代打に中島選手、ビシエド選手、大島選手、宇佐見選手を起用できるので途中出場組も計算できます。

 打順は大島選手がいないので2、3番の人選が難しいですが、期待を込めて村松選手、石川選手を入れています。村松選手は昨年得点圏打率が高かったですしバントも上手くなってくれると思います。4番は1年間出れる選手ということで細川選手、5番手以降も中田選手、ディカーソン選手とポイントゲッターが控えているので複数点も狙えると思います。

 細川選手、石川選手の上積みや二遊間のレギュラー固定が必要になりそうです。

 

まとめ

 中日は野手が課題ですが、中田選手、ディカーソン選手、中田選手、、上林選手らの加入によって大分改善されそうですね。とは言え石川選手がメインのサードやレギュラーが固まっていない二遊間は若手の台頭が必須となりそうです。誰がレギュラーに定着するか楽しみです。

 

他球団の戦力分析はこちらから

 ↓   ↓   ↓   ↓  

開幕前戦力分析2024 カテゴリーの記事一覧 - 何はともあれ野球推し (zabero.net)

2024年度戦力分析野手編~千葉ロッテマリーンズ~

 

何はともあれ野球推しです。

 

 

 今回は各球団の開幕前戦力分析を行っていきたいと思います。今回は野手編ということで各球団の野手を0.5~10点と点数をつけて評価したいと思います。ちなみに記事を出す順番はルーレットで決めました。それでは見ていきましょう!!

 

 

今回は主力の一本立ちに期待!!千葉ロッテマリーンズです!!!

 

 

目次

  1. 総合得点
  2. ポジション別解説
  3. まとめ

 

 

 

 

総合評価

評価のイメージは以下の通りです。

   イメージ           

10点:最強                

9点:                 

8点:球界でもトップクラス       

7点:タイトルを狙える    

6点:            

5点:他球団でも1年間レギュラーを張れる  

4点:

3点:自チームのレギュラー格

2点:レギュラーが抜けた時に穴を埋められる

1点:途中出場からでも存在感を出せる 

0.5点:期待枠orサブ

 

 野手は投手と違い守備など数字に現れない貢献度も多いので具体的な数値は設けず、個人的なイメージで評価を付けたいと思います。

 ちなみに今回の評価はかなり辛めに付けています。一軍で計算できる選手を0.5点~つけていますので、点数がついているだけ凄いです。他球団でもレギュラーを張れる選手が5点ですからね。10点の選手はほぼ出ないと思ってください。

 計算が立ちやすいということで複数年連続で結果を残している実績のある選手を高めに評価しており(巨人の岡本選手など)、逆に昨年ブレイクしたような単年活躍の選手は少し評価を落としています(日本ハムの万波選手など)。

 ちなみに◎がついている人はレギュラー確定の選手です。また、パリーグはDHがあるのでその分点数が伸びやすいです。

 

 

2024年度想定戦力

10点:

9点:

8点:ポランコ

7点:

6点:

5点:

4点:岡、ソト、藤岡、中村、安田、山口

3点:角中、荻野、佐藤、藤原

2点:友杉、茶谷、石川、和田、愛斗

1点:池田、髙部

0.5点:田村、松川、井上、上田、小川、平沢

計59点

 ロッテは主力に高得点を出せる選手が少ないです。他球団でもレギュラーを張れるラインである5点を超えるのは昨年本塁打に輝いたポランコ選手のみとなっています。ただ、ロッテは色々な選手を休ませながら起用しているので3点~4点の選手が計10人と非常に多いのも特徴ですね。DHも有効活用し上手く運用していた印象です。2点にいる選手も多く一軍で存在感を出せる選手の層は厚いですね。軸となる選手が1人でも多く出てくると優勝も狙えると思います。

 

捕手

序列 名前 点数 備考
1番手 佐藤 3点 正捕手
2番手 田村 0.5点 第二捕手
3番手 松川 0.5点 若手有望株
4番手 柿沼   中堅組、第三捕手候補
5番手 植田   中堅組
6番手 寺地   高卒ルーキー
7番手      

 捕手は昨年正捕手だった佐藤選手が筆頭候補ですね。強肩を活かした盗塁阻止率は素晴らしいです。後は打撃成績が上がってくれば正捕手として確固たる地位を築けると思います。ここに第二捕手の田村選手と若手有望株の松川選手が加わり3人でレギュラー争いを繰り広げると思います。特に松川選手は昨年二軍で育成がメインだったので今年は本格的に一軍で起用される可能性が高いですね。高いレベルの争いでポジション全体が上がっていくといいと思います。

 

ファースト

序列 名前 点数 備考
1番手 ソト 4点 DeNAから加入
2番手 安田 4点 チームの主力格、若手有望株
3番手 山口 4点 チームの主力格、若手有望株
4番手 茶谷 2点 中堅組、ユーティリティー
5番手 上田 0.5点 ドラフト1位ルーキー
6番手 池田 1点 爆発力あり
7番手 井上 0.5点 元主力格

 ファーストはDeNAから加入したソト選手に若手有望株兼主力格の安田選手、山口選手の3人がメインになると思います。ソト選手は全盛期は過ぎているとは言え長打力があり守備も安定しているので計算はしやすいと思います。安田選手、山口選手は他ポジションも守れるため基本的にはソト選手がレギュラーだと思いますが、上手いこと流動的に起用すると思います。非常時には茶谷選手もいますし、池田選手、ドラフト1位ルーキーの上田選手にもチャンスはあると思います。確固たるレギュラーはいないため色々な選手が起用されそうです。

 

セカンド

序列 名前 点数 備考
1番手 藤岡 4点 チームの主力格、今年からメインポジ
2番手 茶谷 2点 中堅組、ユーティリティー
3番手 中村 4点 元々セカンドのレギュラー
4番手 池田 0.5点 若手期待枠、守備難
5番手 小川 0.5点 若手期待枠、ユーティリティー
6番手 友杉 2点 若手有望株、サブポジ
7番手      

 セカンドは昨年までレギュラーだった中村選手がコンバートされ、代わりに今年からショートのレギュラー格だった藤岡選手がセカンドにコンバートされたためレギュラーはほぼ確定だと思います。他の候補もユーティリティーの茶谷選手と若手期待枠の池田選手くらいですからね。中村選手が再コンバートとならないように藤岡選手をメインに茶谷選手を併用という形になると思います。

 

サード

序列 名前 点数 備考
1番手 中村 4点 レギュラー格、精神的支柱
2番手 安田 4点 チームの主力格、若手有望株
3番手 池田 0.5点 若手期待枠
4番手 茶谷 2点 中堅組、ユーティリティー
5番手 上田 0.5点 ドラフト1位ルーキー
6番手 小川 0.5点 ユーティリティー
7番手  大下    元気印、代打枠

 サードは今年からサードにコンバートされる中村選手と元々サードのレギュラーを張っていた安田選手の一騎打ちになると思います。ただ、わざわざセカンドのレギュラーだった中村選手をコンバートしたので中村選手がレギュラーになる可能性の方が高いと思われます。安田選手には勝負の年になると思いますが、2人が高いレベルで争えばこのポジション全体が上がっていくと思います。

 

ショート

序列 名前 点数 備考
1番手 友杉 2点 若手有望株、レギュラー候補
2番手 茶谷 2点 中堅組、レギュラー候補
3番手 小川 0.5点 若手期待枠、ユーティリティー
4番手      
5番手      
6番手      
7番手      

 ショートは元々レギュラーだった藤岡選手がセカンドにコンバートされるようなので昨年ルーキーながら活躍した友杉選手と攻守ともに安定感のある茶谷選手の併用になると思います。そもそも、それ以外に候補が小川選手くらいしかないのが苦しいところです。正直、昨年のままでは厳しいと思うので友杉選手、茶谷選手の2人の上積みに期待するしかないと思います。

 

レフト

序列 名前 点数 備考
1番手 荻野 3点 レギュラー格、ベテラン
2番手 山口 4点 主力格、4番候補
3番手 角中 3点 ベテラン
4番手 石川 2点 左キラー
5番手 5点 主力格
6番手 和田 2点 代走の切り札、打力向上中
7番手 上田 0.5点 ドラフト1位ルーキー

 レフトは候補選手が多いですね。昨年ファーストのレギュラーだった山口選手はソト選手の加入で外野が主戦場になりそうです。4番候補ですし出来れば試合に出て欲しいですね。ベテランの荻野選手、角中選手も計算しやすく、特に角中選手は昨年打法が覚醒しており多少の守備には目をつぶって起用があると思います。ただ、2人とも年齢的に1年間フルで出場は厳しいので休養を挟みながらの起用になりそうです。昨年トレード加入した石川選手を左キラーと存在感を示していますし、ドラフト1位ルーキーの上田選手も守る可能性があります。一昨年大ブレイクした髙部選手の復活にも期待したいです。メインは山口選手になると思いますが基本的には流動的になると思います。

 

センター

序列 名前 点数 備考
1番手 藤原 3点 主力格、若手有望株
2番手 4点 主力格、中堅組
3番手 和田 2点 代走の切り札、打撃向上中
4番手

小川

0.5点 若手期待枠、ユーティリティー
5番手 髙部 1点 一昨年の盗塁王、ケガ離脱中
6番手      
7番手      

 センターは昨年メインで起用されていた藤原選手が第一候補です。まだ若いですし更なる上積みを期待できると思います。ここに代走の切り札ながら打撃に成長が見える和田選手に復活期待の髙部選手の3人がメインになると思います。レギュラー格の岡選手も守備力が高いのでセンターもハイレベルに守れますし、起用は多そうです。レギュラーが決まっていないのでここも流動的になりそうです。

 

ライト

序列 名前 点数 備考
1番手 4点 レギュラー格
2番手 山口 4点 主力格、若手有望株
3番手 荻野 3点 ベテラン
4番手 愛斗 2点 西武から加入
5番手 和田 2点 代走の切り札、打撃力向上中
6番手 平沢 0.5点 ユーティリティー
7番手 山本   若手期待枠

 ライトは主力格の岡選手がメインになると思います。昨年は元々守備、走塁のいい選手でしたが、昨年は打撃でキャリアハイの成績を残しました。今年も同じ成績を残せれば大きいです。ここに若手有望株の山口選手にベテランの荻野選手を加えた3人が中心になると思います。穴埋め要員として現役ドラフトで加入した愛斗選手や勝負強い平沢選手が控えているのも心強いです。外野は全ポジション流動的になりそうですね。

 

DH

序列 名前 点数 備考
1番手 ポランコ 8点 本塁打王
2番手 角中 3点 ベテラン
3番手 山口 4点 若手有望株
4番手 安田 4点 若手有望株
5番手 ソト 4点 DeNAから加入
6番手      
7番手      

 DHは基本的には昨年の本塁打王であるポランコ選手が入りますね。いるといないとじゃ爆発力が大きく違いますね。他にも角中選手や若手有望株の山口選手、安田選手など打撃のいい選手が入りそうですね。

 

途中出場組

役割 名前 点数 備考
代打 角中 3点 代打の切り札、ベテラン
代打 石川 2点 左キラー
代打 池田 0.5点 パンチ力
代走兼守備固め 和田 2点 代走の切り札
何でも屋 茶谷 3点 困った時に頼れる、内野全
第二捕手 田村 0.5点 実績組
代走兼守備固め 小川 0.5点 内外野
代打兼守備固め 愛斗 2点 西武から加入、外野
代打兼守備固め 平沢 0.5点 内外野

 代打の候補は多いです。代打の切り札である角中選手にベテランの荻野選手もベンチにいるなら代打で心強いです。茶谷選手、愛斗選手も期待出来ますし出塁率の高い平沢選手、長打力のある池田選手とバラエティー豊かですね。

 代走は終盤の勝負どころに出てくる和田選手が他球団からするとかなり脅威ですね。昨年は和田選手で1点をもぎ取り接戦を制する場面が多かったです。小川選手もハイレベルですし、この2人が控えているのは心強いです。

 守備固めは内野はユーティリティーの茶谷選手、小川選手、外野は小川選手、和田選手、今年から加入した愛斗選手が中心になると思います。

 一軍の戦力になる選手が多いので途中出場組の選手層は厚いと思います。

 

理想のオーダー

レギュラー   ベンチ要員
1番 髙部   代打 角中
2番 藤原   代打 石川
3番 中村   代打兼守備固め 愛斗
4番 ポランコ   二番手 茶谷
5番 山口   二番手 安田
6番 ソト   二番手 荻野
7番 藤岡   二番手
8番 佐藤   二番手 松川
9番 友杉   代走兼守備固め 和田
        代走兼守備固め 小川

 理想のオーダーということであえてベテランの荻野選手、角中選手を外して考えました。かつ岡選手、茶谷選手がベンチにいると心強いですね。外野は復活期待の髙部選手に若手有望株の藤原選手、山口選手を入れました。実際は岡選手が出た方が安定感はあると思いますが、理想のオーダーということで伸びしろを見込んでこの3人にしました。捕手は佐藤選手、松川選手のショートは友杉選手、茶谷選手の併用になると思います。ファースト、サードはソト選手、中村選手が基本で安田選手がフォローする形になると思います。こう見るとベンチに二番手として出れる選手が多く層が厚いですね。代打も角中選手、石川選手、代走は和田選手もいて粒ぞろいです。

 

 

まとめ

 ロッテは一軍で戦力となる選手が多いですね。主力に軸となる選手が少ないこともありますが、総力で戦っている印象が強いです。ここから軸となる選手が多く出てくることに期待しましょう。

 

 

他球団の戦力分析はこちらから

 ↓   ↓   ↓   ↓  

開幕前戦力分析2024 カテゴリーの記事一覧 - 何はともあれ野球推し (zabero.net)

2024年度戦力分析野手編~広島東洋カープ~

 

何はともあれ野球推しです。

 

 

 今回は各球団の開幕前戦力分析を行っていきたいと思います。今回は野手編ということで各球団の野手を0.5~10点と点数をつけて評価したいと思います。ちなみに記事を出す順番はルーレットで決めました。それでは見ていきましょう!!

 

 

今回は西川選手の穴を埋めるのは誰だ!?広島東洋カープです!!!

 

 

目次

  1. 総合得点
  2. ポジション別解説
  3. まとめ

 

 

 

 

総合評価

評価のイメージは以下の通りです。

   イメージ           

10点:最強                

9点:                 

8点:球界でもトップクラス       

7点:タイトルを狙える    

6点:            

5点:他球団でも1年間レギュラーを張れる  

4点:

3点:自チームのレギュラー格

2点:レギュラーが抜けた時に穴を埋められる

1点:途中出場からでも存在感を出せる 

0.5点:期待枠orサブ

 

 野手は投手と違い守備など数字に現れない貢献度も多いので具体的な数値は設けず、個人的なイメージで評価を付けたいと思います。

 ちなみに今回の評価はかなり辛めに付けています。一軍で計算できる選手を0.5点~つけていますので、点数がついているだけ凄いです。他球団でもレギュラーを張れる選手が5点ですからね。10点の選手はほぼ出ないと思ってください。

 計算が立ちやすいということで複数年連続で結果を残している実績のある選手を高めに評価しており(巨人の岡本選手など)、逆に昨年ブレイクしたような単年活躍の選手は少し評価を落としています(日本ハムの万波選手など)。

 ちなみに◎がついている人はレギュラー確定の選手です。また、パリーグはDHがあるため点数が伸びやすいです。

 

 

2024年度想定戦力

10点:

9点:

8点:

7点:坂倉、菊池

6点:秋山

5点:小園

4点:堂林、野間

3点:上本、末包、シャイナー

2点:田中、レイノルズ

1点:會澤、松山、矢野、田村

0.5点:磯村、大盛、韮澤、林、羽月

計52.5点

 広島は高得点を出せる選手が少ないです。他球団でもレギュラーを張れるラインである5点を超えるのは同ポジションの選手に比べて打撃でプラスを出せる坂倉選手と衰えはあるものの一級品の守備力を持つ菊池選手、安打製造機の秋山選手に若手有望株の小園選手の4人しかいません。若手も少なく一軍の主力のラインである3点を超えている25歳以下の選手は坂倉選手、小園選手の2人だけですね。現状は一軍で実績のある中堅~ベテランの選手に頼っている印象です。軸となる選手は新外国人選手や末包選手の台頭に期待したいですし、若手では侍ジャパンにも選出されている田村選手や一時期レギュラーに定着していた林選手などが上がってくると状況も変わってくると思います。

 

捕手

序列 名前 点数 備考
1番手 坂倉 7点 レギュラー◎
2番手 會澤 1点 第二捕手
3番手 磯村 0.5点 第三捕手
4番手 石原 0.5点 若手期待枠
5番手 持丸 0.5点 高卒5年目、二軍で育成中
6番手 髙木 0.5点 高卒3年目、二軍で育成中
7番手 清水 0.5点 高卒2年目、二軍で育成中

 捕手は昨年から本格的に捕手に専念した坂倉選手がいますね。守備面はまだ改善の余地がありますが、打撃に関しては同ポジションの選手に大きなアドバンテージを持てる選手です。2番手の會澤選手は昨年は苦しかったですが元々正捕手だった選手ですし、捕手陣の精神的支柱だと思います。少なくとも得意の打撃での貢献が見たいです。3番手に一軍で貢献できる磯村選手が控えているのは心強いですね。一軍は上位3人で十分回せると思いますが、ここに次世代候補の石原選手がどれくらい食い込めるかが見ものです。

 

ファースト

序列 名前 点数 備考
1番手 シャイナー 3点 新外国人、4番候補
2番手 堂林 4点 チームの主力格
3番手 0.5点 若手有望株
4番手 レイノルズ 2点 新外国人、内野複数ポジション可
5番手 松山 1点 代打がメイン、コンディション次第
6番手 坂倉 7点 サブポジ
7番手 末包 3点 外野レギュラー候補、サブポジ

 ファーストは今オフにデビッドソン選手、マクブルーム選手が退団したためレギュラーが白紙となりましたが候補は多いです。まず新外国人のシャイナー選手、レイノルズ選手に注目です。内野全ポジションを守れるレイノルズ選手は出遅れているようですが、シャイナー選手は昨年もマイナーで30本塁打を放っていて4番候補として期待されています。もしも新外国人選手が厳しければ昨年も一軍で12本塁打を放っている堂林選手が第一候補になります。さらに、若手有望株の林選手や坂倉選手、末包選手のサブポジとしても考えられていると思います。まずは新外国人選手の適応に期待です。

 

セカンド

序列 名前 点数 備考
1番手 菊池 7点 レギュラー◎
2番手 韮澤 0.5点 次世代の二遊間候補
3番手 小園 5点 サブポジ
4番手 羽月 0.5点 若手期待枠、ユーティリティー
5番手 上本 3点 中堅組、ユーティリティー
6番手 二俣   若手期待枠
7番手 矢野   守備固め

 セカンドはレギュラーの菊池選手がいるのでここは安泰ですね。ただ、年齢による衰えも見られており全試合出場は難しいと思うので、二番手以降も重要です。個人的には次世代の二遊間候補である韮澤選手に出来れば入ってきて欲しいです。さらに、レギュラーが抜けた際に穴を埋められる実力を持つ上本選手や守備の名手である。矢野選手も控えています。昨年のショートのレギュラーである小園選手がセカンドで起用される試合もありました。若手には羽月選手、二俣選手もいますし候補は多いですね。菊池選手を休養を与えながら起用できるようだとポジション全体が上がってくると思います。

 

サード

序列 名前 点数 備考
1番手 レイノルズ 2点 新外国人、ユーティリティー
2番手 シャイナー 3点 新外国人
3番手 田中 2点 2番手、ベテラン
4番手 小園 5点 サブポジ
5番手 上本 3点 中堅組、ユーティリティー
6番手 0.5点 若手期待枠
7番手 二俣   若手期待枠

 サードはデビッドソン選手が退団したことによりレギュラーが不在です。シャイナー選手はここまでの起用を見ている限りファーストがメインになりそうなので内野全ポジションを守れるという触れ込みのレイノルズ選手が1番手になると思いました。ただ、シャイナー選手も元はサードがメインの選手なので起用は全然あり得ると思います。レイノルズ選手が間に合わなかった場合は昨年もサードでチーム2番目の54試合に出場した田中選手か若手有望株の林選手になると思います。ショートのレギュラーである小園選手も昨年サードで29試合に出場していますし、今年も起用があると思います。中堅組の上本選手や堂林選手も候補にいますし、誰がレギュラーに定着するか楽しみです。

 

ショート

序列 名前 点数 備考
1番手 小園 5点 レギュラー◎
2番手 矢野 1点 守備の名手
3番手 上本 3点 中堅組、ユーティリティー
4番手 田中 2点 2番手候補、ベテラン
5番手 韮澤 0.5点 次期二遊間候補
6番手 二俣   若手期待枠
7番手 曽根   ユーティリティー

 ショートはレギュラーの小園選手がいるので安泰です。ここに打撃は課題ながら補って余りある守備力を持つ矢野選手に実績組の田中選手、上本選手を交えて層は厚いと思います。昨年守備の安定感に若干の不安があった小園選手を他ポジションで起用できるほどでしたからね。ただ、本来ならば小園選手を固定したいはずなので攻守共にレベルアップを期待したいです。

 

レフト

序列 名前 点数 備考
1番手 末包 3点 レギュラー候補
2番手 田村 0.5点 若手有望株
3番手 堂林 2点 レギュラー候補
4番手 レイノルズ 2点 新外国人、サブポジ
5番手 中村貴   若手期待枠
6番手 宇草   若手期待枠
7番手 中村健   レギュラー争い

 レフトはレギュラーだった西川選手が抜けたため争奪戦になりそうです。昨年の後半から積極的に起用され一軍で11本塁打を放った末包選手は4番候補ですしレギュラー候補の筆頭格です。ただ、これに続く選手もいて一軍での実績がないながらも3月の侍ジャパンに選出された田村選手に二軍には中村トリオが控えています。実績的には堂林選手がレギュラーでもおかしくはないですし、新外国人のレイノルズ選手も内野がメインながら外野もこなせるようです。基本的には末包選手、田村選手などの有望株に台頭を期待することになると思いますが、厳しければ堂林選手が入ることになると思います。

 

センター

序列 名前 点数 備考
1番手 秋山 6点 レギュラー◎
2番手 野間 4点 主力格
3番手 上本 3点 中堅組、ユーティリティー
4番手

大盛

0.5点 若手期待枠、守備固め
5番手 羽月 0.5点 若手期待枠、ユーティリティー
6番手 中村貴   若手期待枠、
7番手 久保   若手期待枠

 センターはレギュラーの秋山選手がいるのでここは安泰ですね。2番手には上本選手が控えていて野間選手もセンターを高いレベルで守れるので、昨年のように秋山選手がケガで離脱することがあっても大きな戦力ダウンにはならないポジションだと思います。

 

ライト

序列 名前 点数 備考
1番手 野間 4点 主力格
2番手 末包 3点 レギュラー候補
3番手 上本 3点 中堅組、ユーティリティー
4番手 秋山 6点 サブポジ
5番手 中村貴   若手期待枠、ユーティリティー
6番手 中村将   若手期待枠、捕手から転向
7番手 中村健   若手期待枠

 ライトは主力格の野間選手がいるのでレギュラーの1番手ですが、レギュラー確定ではないのでレギュラー争いの余地はあります。末包選手、田村選手の台頭や上本選手の方が調子が良ければそちらが起用されるでしょう。秋山選手の年齢による衰えの影響次第ではライトに回ってくることも考えられます。基本的には野間選手でその他流動的な起用になると思います。

 

途中出場組

役割 名前 点数 備考
代打 松山 1点 代打の切り札
代打兼守備固め 田中 2点 二遊間、三
守備固め 矢野 1点 二、三、遊
代走兼守備固め 羽月 0.5点 ショート以外の全ポジション
何でも屋 上本 3点 困った時に頼れる、内外野
第三捕手 磯村 0.5点  
代走兼守備固め 大盛 0.5点 外野全ポジション
守備固め 曽根   内外野
       

 代打には昨年も代打打率380と代打の切り札だった松山選手がいます。技術は衰えていませんし、今年も勝負どころで結果を出してくれると思います。実績のある田中選手、上本選手も待機していますしある程度期待できる選手が揃っていると思います。

 代走には切り札的な選手はいませんが、昨年は大盛選手、羽月選手などが起用されることが多かったです。

 守備固めにも一級品の守備力を持つ矢野選手を始め曽根選手、羽月選手、大盛選手と起用できる選手が多いです。それだけここの枠は争いが激しいと言えると思います。

 

理想のオーダー

レギュラー   ベンチ要員
1番 小園   代打 松山
2番 菊池   代打
3番 秋山   代打兼守備固め 田中
4番 末包   代打兼守備固め 韮澤
5番 シャイナー   二番手 會澤
6番 坂倉   二番手 上本
7番 堂林   第三捕手 磯村
8番 野間   守備固め 矢野
9番     代走兼守備固め 羽月
        代走兼守備固め 大盛

 レイノルズ選手が出遅れておりどうなるかわからないので一応外して組みました。その場合はシャイナー選手サード、堂林選手ファーストの布陣になると思います。打順は難しいですが、対応力が求められる2番に菊池選手を入れ打率の高い小園選手、秋山選手で上位打線を形成し、4番に期待を込めて末包選手を入れています。捕手の坂倉選手も打力があるため下位打線まで気の抜けない打線を組めると思います。控えには代打の切り札である松山選手を始め、守備の名手矢野選手に実績組の會澤選手、田中選手、上本選手がいて対応力が高そうです。若手有望株の田村選手はスタメンで起用しないなら二軍で育成だと考え控えからは外しました。この布陣が現在の最適解ですがここから若手有望株の台頭が望まれます。

 

 

まとめ

 広島は西川選手、デビッドソン選手、マクブルーム選手と主力格の選手が多く抜けていますが、西川選手は末包選手、田村選手の台頭、外国人選手は入れ替えの新外国人選手に期待しているのだと思います。もしダメでも実績のある中堅組が控えているので大きなマイナスがないのはこのチームの長所ですね。ただ、優勝のためには若手有望株の爆発力が必須になると思うので誰がレギュラーを掴むか楽しみです。

 

他球団の戦力分析はこちらから

 ↓   ↓   ↓   ↓  

開幕前戦力分析2024 カテゴリーの記事一覧 - 何はともあれ野球推し (zabero.net)

2024年度戦力分析野手編~東京ヤクルトスワローズ~

 

何はともあれ野球推しです。

 

 

 今回は各球団の開幕前戦力分析を行っていきたいと思います。今回は野手編ということで各球団の野手を0.5~10点と点数をつけて評価したいと思います。ちなみに記事を出す順番はルーレットで決めました。それでは見ていきましょう!!

 

 

今回は柱は強力、層が厚くなるか!?東京ヤクルトスワローズです!!!

 

 

目次

  1. 総合得点
  2. ポジション別解説
  3. まとめ

 

 

 

 

総合評価

評価のイメージは以下の通りです。

   イメージ           

10点:最強                

9点:                 

8点:球界でもトップクラス       

7点:タイトルを狙える    

6点:            

5点:他球団でも1年間レギュラーは張れる  

4点:

3点:自チームのレギュラー格

2点:レギュラーが抜けた時に穴を埋められる

1点:途中出場からでも存在感を出せる 

0.5点:期待枠orサブ

 

 野手は投手と違い守備など数字に現れない貢献度も多いので具体的な数値は設けず、個人的なイメージで評価を付けたいと思います。

 ちなみに今回の評価はかなり辛めに付けています。一軍で計算できる選手を0.5点~つけていますので、点数がついているだけ凄いです。他球団でもレギュラーを張れる選手が5点ですからね。10点の選手はほぼ出ないと思ってください。

 計算が立ちやすいということで複数年連続で結果を残している実績のある選手を高めに評価しており(巨人の岡本選手など)、逆に昨年ブレイクしたような単年活躍の選手は少し評価を落としています(日本ハムの万波選手など)。

 ちなみに◎がついている人はレギュラー確定の選手です。また、パリーグはDHがあるため点数が伸びやすいです。

 

 

 

 

2024年度想定戦力

10点:村上

9点:

8点:サンタナ

7点:中村

6点:オスナ、塩見

5点:山田

4点:

3点:長岡、青木

2点:内山、濱田

1点:川端、武岡、山崎、並木、西川

0.5点:古賀、宮本、丸山、増田、澤井、北村恵、北村拓

計60.5点

 ヤクルトは村上選手をはじめ主力格に高得点の選手が多いですが、脇を固める選手が不足している印象です。昨年は主力の塩見選手がケガで1年の大半が出場できず、山田選手、村上選手も不振で前年ほどの成績を残せませんでした。ショートのレギュラーに定着した長岡選手やベテランの青木選手も打撃成績が下降しました。そんな中で脇を固める選手に奮起して欲しかったですが、中々穴を埋める選手が現れず武器であった強力打線が鳴りを潜め5位という成績に直結したと思います。今年は主力格の調子を1年間維持できるかが優勝に向けて最重要事項ですが、アクシデントがあったときに穴を埋められる選手の台頭も必要不可欠だと思います。

 

捕手

序列 名前 点数 備考
1番手 中村 7点 正捕手
2番手 内山 2点 二番手兼サブポジ有、若手有望株
3番手 古賀 0.5点 二番手タイ、若手有望株
4番手 西田   中堅組、一軍実績あり
5番手 松本   中堅組
6番手 橋本   育成選手
7番手 鈴木   高卒ルーキー

 捕手は他球団と比べても勝っているポジションだと思います。主力の中村選手はベテランかつ昨年ケガで離脱していた期間があったため少し評価を下げていますが、リード面など数字に表れない部分での貢献度が高くチームを陰から支える実力者です。ここに若手有望株の内山選手、古賀選手が控えており昨年中村選手が離脱していた期間はこの2人が中心となって穴を埋めました。内山選手は打撃に定評があり他ポジションでの出場機会も増えていて、古賀選手も守備力が武器とタイプが違うところも好印象です。中堅組では有事の際に一軍に入っていける西田選手、松本選手も控えており中村選手が長期離脱とかにならなければ崩れることはないと思います。

 

ファースト

序列 名前 点数 備考
1番手 オスナ 6点 レギュラー
2番手 北村恵 0.5点 次期レギュラー候補
3番手 北村拓 0.5点 現役ドラフト組
4番手 増田 0.5点 ソフトバンクを退団
5番手 赤羽   ユーティリティー、若手期待枠
6番手 三ツ俣   ユーティリティー、中堅組
7番手 川端 1点 腰のコンディション次第

 ファーストは3年連続規定打席に到達し、大きなケガなく打撃、守備ともに安定しているオスナ選手が今年も計算できそうですね。勝負強い打撃で打点を稼げる選手で5番以降に入ると脅威になる存在です。ただ、2番手以降の選手が不足していてもしオスナ選手が抜けた時に一気に苦しくなりそうです。2番手は二軍で勝負強い打撃を見せている北村選手になると思います。今年で2年目ながら期待値は高いですね。ここに内野複数ポジションを守れる三ツ俣選手、赤羽選手や現役ドラフトで加入した北村拓選手やソフトバンクを退団した増田選手も入ってきそうで、有事の際には主力の山田選手や村上選手が回ってくることも考えられます。

 

セカンド

序列 名前 点数 備考
1番手 山田 5点 チームの核
2番手 武岡 1点 次期レギュラー候補
3番手 北村拓 0.5点 現役ドラフト組
4番手 三ツ俣   ユーティリティー、中堅組
5番手 赤羽   ユーティリティー、若手期待枠
6番手 宮本 0.5点 ユーティリティー兼代打
7番手 小森   高卒3年目

 セカンドは本来ならば球界屈指の実力を持つ山田選手がいますが、ここ2年はケガ離脱などもあり中々実力を発揮することができていません。守備も安定していますし並の選手であれば十分ですが、山田選手からすれば到底納得できる成績ではないです。2番手以降にはスピード感あふれるプレーが魅力の武岡選手がいますが、レギュラーを脅かすほどの実力はまだつけてないですし、ここも不安要素だと思います。現役ドラフトで加入した北村拓選手はパワフルな打撃をアピールすることができれば2番手に上がってこれると思います。山田選手の復調はもちろん大事ですが、ユーティリティーの三ツ俣選手、赤羽選手を含め2番手以降の争いが激しくなると層が厚くなると思います。

 

サード

序列 名前 点数 備考
1番手 村上 10点 チームの核
2番手 北村恵 0.5点 次期レギュラー候補
3番手 武岡 1点 他ポジション、若手有望株
4番手 北村拓 0.5点 現役ドラフト組
5番手 三ツ俣   ユーティリティー、中堅組
6番手 伊藤   ドラフト5位ルーキー
7番手 西村   高卒2年目

 サードは最年少三冠王の村上選手がいるのでここは安泰です。昨年は不振のため成績を落としましたが、それでも30本塁打以上を放っていますし主砲として申し分ない成績を残しています。大きなケガもない選手ですし4番として計算しやすいですね。今年は復調+勝負どころでの一打が求められそうです。ただ、まだ村上選手が若いといえどメジャー挑戦の意思を表明しているので、次世代の候補の台頭は必要不可欠ですね。筆頭候補は北村選手ですが、オスナ選手か村上選手が離脱しなければ一軍での出場はないので育成としては難しいところですね。来たるべき時に備え二軍で力を蓄えることになりそうです。サブには三ツ俣選手、赤羽選手がいるので守備固めとしての起用はありそうです。

 

ショート

序列 名前 点数 備考
1番手 長岡 3点 レギュラー格、若手有望株
2番手 武岡 1点 レギュラー争い
3番手 伊藤   ドラフト5位ルーキー
4番手 小森   高卒3年目

 ショートは若手有望株の長岡選手がここ2年レギュラーに定着していますが、まだまだ安泰というわけではありません。守備の安定感はかなり増しましたが打撃成績は前年よりも下げてしましたね。不動のレギュラーとなるためには打撃のレベルアップが必要不可欠だと思います。2番手に同級生の武岡選手が存在感を出しているので個人的にはもう少しレギュラーの座を競わせてもいいと思いますが、我慢して起用することで山田選手、村上選手のような主力を生み出していることを考えるとチーム方針としては長岡選手で8割方固まっているのかなと思います。西浦選手と元山選手がトレードで退団したこともあり、ルーキーの伊藤選手を含めた3人に絞られると思います。高卒3年目の小森選手の成長に期待もしたいですしサブには三ツ俣選手もいます。サブも含め全体的なレベルアップが必要だと思います。

 

レフト

序列 名前 点数 備考
1番手 青木 3点 ベテラン、精神的支柱
2番手 濱田 2点 レギュラー争い、若手有望株
3番手 西川 1点 実績組、復活期待
4番手 山崎 1点 2番手候補、サブ
5番手 澤井 0.5点 大卒2年目、スラッガー候補
6番手 増田 0.5点 ソフトバンクを退団
7番手 内山 0.5点 捕手兼任若手有望株

 レフトは唯一レギュラーが固まっていないポジションです。ベテランの青木選手が1番手ですが昨年は打撃成績を下げていますし流石に次候補の台頭が必須です。昨年は若手有望株の濱田選手や内山選手の起用も多かったですがレギュラー獲得には至りませんでした。山崎選手もある程度計算できますが昨年はケガ離脱していましたし1年間レギュラーでとはならないと思います。昨年センターでブレイクしかけた並木選手や二軍で18本塁打を放った澤井選手と若手有望株も複数人います。新加入組では西川選手と増田選手がレギュラー争いに参戦。特に西川選手は盗塁王ベストナインを複数獲得したことがある実力者で今年で32歳ですしまだまだやれると思います。複数人で回していくと思いますが終盤にはレギュラーが固まっていることが望ましいです。

 

センター

序列 名前 点数 備考
1番手 塩見 6点 チームの核
2番手 西川 1点 実績組、復活期待
3番手 山崎 1点 2番手候補、サブ
4番手 並木 1点 2番手候補、若手期待枠
5番手 丸山 0.5点 サブ要員兼若手期待枠

 センターは塩見選手が1年間万全でいることが望まれます。昨年は塩見選手がケガで離脱した時の穴がかなり大きかったです。本来ならば2番手でいるはずの山崎選手も同時期にケガしていたこともなおのこと痛かったです。両翼がメインの濱田選手がセンターを守るくらい厳しい状況でした。塩見選手が離脱していたときに一時一番センターに定着した並木選手は2番手を争う存在として期待したいですし、同期の丸山選手も守備固め、代走での起用が多いですがレギュラー候補としても期待されています。新加入の西川選手は肩の弱さが指摘されていますが神宮は狭い球場なのでセンターも務まると思います。塩見選手が離脱しないことも大事ですが、離脱しても昨年よりは何とかなりそうです。

 

ライト

序列 名前 点数 備考
1番手 サンタナ 8点 レギュラー
2番手 濱田 2点 若手有望株
3番手 山崎 1点 2番手候補、サブ
4番手 澤井 0.5点 若手期待枠
5番手 増田 0.5点 ソフトバンクを退団
6番手 宮本 0.5点 ユーティリティー
7番手 内山 0.5点 捕手兼任若手有望株

 ライトはリーグトップクラスの打撃力を持つサンタナ選手がいますので安泰です。ただ、サンタナ選手はケガの多い選手でもあるので2番手以降の選手も大事になってきます。若手有望株の濱田選手、澤井選手や戦力としてある程度計算が立つ山崎選手、増田選手も控えているので、アクシデントがあれば調子のいい選手で回せそうです。

 

途中出場組

役割 名前 点数 備考
代打 川端 1点 代打の切り札
代打兼守備固め 宮本 0.5点 一、二、両翼
守備固め 三ツ俣 0.5点 内野全ポジション
守備固め 赤羽 0.5点 ショート以外の全ポジション
何でも屋 山崎 1点 困った時に頼れる、外野
代走兼守備固め 並木 1点 代走の切り札
代走兼守備固め 丸山 0.5点 外野全ポジション
代打 北村拓 0.5点 右の代打候補
代打 増田 0.5点 右の代打候補

 代打は12球団でもNo1の代打性能を誇る川端選手がいますが、昨年はそれ以外の選手が苦しんだ印象です。バントも得意の宮本選手だけでなく新加入の増田選手、北村拓選手は長打力もある選手ですし、右の代打として期待したいです。

 代走要員はこちらも切り札となる並木選手に丸山選手もレベルは高いです。山崎選手もいますし、代走要員は豊富です。

 守備固めでは内野は三ツ俣選手、赤羽選手、外野は山崎選手、丸山選手で担えそうですね。実績のある西川選手もベンチにいればどの役割も担えるジョーカー的な立ち位置になると思います。

 

理想のオーダー

レギュラー   ベンチ要員
1番 塩見   代打 川端
2番 西川   代打 青木
3番 山田   代打兼守備固め 濱田
4番 村上   代打兼守備固め 増田
5番 サンタナ   二番手 内山
6番 中村   二番手 武岡
7番 オスナ   第三捕手 古賀
8番 長岡   守備固め 赤羽
9番     代走兼守備固め 並木
        代走兼守備固め 山崎

 このオーダーがハマれば一番爆発力がありそうだということで組みました。唯一固まっていないレフトには大復活を期待して西川選手を入れています。このオーダーであれば代打に川端選手、青木選手の2枚のカードを切れるようになりますし、代走に並木選手がいるので接戦に強そうですね。内野の層が薄めですが二遊間の2番手である武岡選手にユーティリティーの赤羽選手で有事の際にも対応できます。内山選手、濱田選手の若手有望株コンビの意外性にも期待したいです。

 

 

まとめ

 ヤクルトは主力とそれ以外の選手との実力差が課題でしたが、武岡選手、濱田選手、内山選手などの若手有望株の台頭、新たに西川選手、北村拓選手、増田選手らの加入により改善できる可能性があります。主力のコンディション面も考えると適度に休養を挟めるくらいになると層が厚くなっていると思います。

 

 

他球団の戦力分析はこちらから

 ↓   ↓   ↓   ↓  

開幕前戦力分析2024 カテゴリーの記事一覧 - 何はともあれ野球推し (zabero.net)

2024年度戦力分析投手編~東北楽天ゴールデンイーグルス~

 

何はともあれ野球推しです。

 

 

 今回は各球団の開幕前戦力分析を行っていきたいと思います。今回は投手編ということで各球団の投手を先発、中継ぎの2つに分け各選手を0.5~10点と点数をつけて評価したいと思います。ちなみに記事を出す順番はルーレットで決めました。それでは見ていきましょう!!

 

 

今回は今江新体制で覇権奪取へ!!東北楽天ゴールデンイーグルスです!!!

 

 

目次

  1. 先発投手
  2. 中継ぎ投手
  3. まとめ

 

 

 

 

先発

評価のイメージと具体的な数値は以下の通りです。

   イメージ            数値

10点:最強                160回、防1点台、15勝

9点:                 160回、防2点前半、13勝

8点:球界でもトップクラス       140回、防2点前半、12勝

7点:他球団のエースと渡り合える    140回、防2点台、10勝

6点:エース級             120回、防3点前半、10勝

5点:他球団でも主力でローテを担える  100回、防3点前半、8勝

4点:主力としてローテを守れる     100回、防3点台、7勝

3点:1年間ある程度計算できる       70回、防3点台、5勝 

2点:谷間など有事の際にローテを守れる 50回、防4点台、3勝

1点:数試合であれば貢献できる     30回、防4点台、2勝

0.5点:期待枠

 

 先発は投球回数、防御率、勝利数をもとに評価をつけたいと思います。評価をつける際はこの数値を来季8割方クリアしてくれるだろうという推定で評価を付けます。

 投球回数は先発起用されているという点で首脳陣からの信頼を表していると思うので最も重要な指標としています。次点で選手の成績を表しやすい防御率を参考にしています。勝利数は打線の兼ね合いもあるので運要素があり評価には直結させていません。あくまでもイメージこれくらい勝ってくれるだろうという指標です。

 ちなみに数値を見てもらえればわかりますが、今回の評価はかなり辛めに付けています。100回、防御率3点台で5点ですからね。10点の選手はほぼ出ないと思ってください。計算が立ちやすいということで複数年連続で結果を残している実績のある選手を高めに評価しており(オリックス宮城選手など)、逆に昨年ブレイクしたような単年活躍の選手は少し評価を落としています(阪神の村上選手など)。

 

2023年の成績を今回の評価に反映すると以下のようになります。

10点:

9点:

8点:

7点:則本

6点:岸

5点:田中、荘司、早川

4点:

3点:

2点:

1点:瀧中、藤井、藤平、辛島

0.5点:

計34点

 34点という点数は他球団と比べても低いですね。エースの則本選手は1年間ローテを担い防御率2点台でシーズンを終えるなどトータルで見ると安定していました。最年長の岸選手もケガ離脱の期間があったもののチームトップの9勝を挙げ復活を印象付けました。ドラフト1位ルーキーの庄司選手もルーキーの先発投手の中ではトップクラスの働きを見せました。ただ、主力の田中選手は痛打される試合が目立ち防御率が大きく悪化するなど万全ではなく、早川選手もケガでの離脱期間があり100回未満の投球回に終わり、主力として期待された瀧中選手は不振で10試合登板にとどまるなど計算外も多くありました。藤平選手、藤井選手、松井友選手などの台頭はありましたが、ローテ陣は全体的に固まりきらなかったと思います。

 

2024年度想定戦力

10点:

9点:

8点:

7点:

6点:岸

5点:田中、早川

4点:荘司

3点:ポンセ

2点:瀧中、内

1点:藤平、藤井、松井友、辛島

0.5点:古謝

計31.5点

 

上位3人(チームの主力格)

岸6点、田中5点、早川5点

 松井裕選手のメジャー挑戦により空いた守護神の穴を埋めるためエースである則本選手が抜擢されるようなので柱が1人抜けることになります。そのため、この位置の選手にはより一層の奮起が期待されます。昨年9勝を挙げた岸選手にあれ以上の成績を求めるのは酷ですが、安定感のある投手ですので昨年同様の活躍は計算できると思います。本来ならば主力格の田中将選手は今年は日米通算200勝の大記録がかかった年なので完全復活に期待したいですし、昨年ケガ離脱があった早川選手も1年間ローテーションを守る力があると思います。この位置の選手がまず安定することが優勝に向けての必須条件です。

 

4~6番手(ローテ入り選手)

荘司4点、ポンセ3点、瀧中2点

 昨年ルーキーながら5勝を挙げた庄司選手は更なる上積みが期待できますね。昨年も打線の援護がかみ合えばもっと勝ち星を重ねていてもおかしくなかったです。日本ハムから加入したポンセ選手も昨年はケガ離脱の期間があったとはいえノーヒットノーランの達成者ですしポテンシャルは高いと思います。調子を1年間維持することができれば二桁勝利も期待できる投手です。昨年不振に苦しみましたが瀧中選手も二桁勝てる力があります。ローテ内の選手が固まってくるようだと昨年のように苦しい運用にならずにすむと思います。

 

7~10番手(ローテ候補)

内2点、藤平1点、藤井1点、松井友1点

 昨年、中継ぎとして台頭してきた内選手は今年から先発転向ということでまず期待ですね。目標の山本由伸選手のように球界を代表する選手になれるでしょうか。ここ数年期待されてきた藤平選手はそろそろ一軍に定着したいところです。今江監督が高評価している藤井選手はローテ入りのチャンスだと思うのでここでアピールして開幕ローテを掴んで欲しいですし、ポテンシャルの高い松井友選手も更なる飛躍が期待されています。この位置の選手がローテ争いに加わることで頭数が増えると思います。

 

その他の候補

若手有望株:王

実績組:辛島

新加入:古謝、松田

 11番手以降の候補はやや少ない印象です。実績のある辛島選手は昨年も一軍で50回を消費していますし一軍である程度計算できる選手です。二軍でローテを回っている若手が少ないので母数が少ないですが、育成に台湾のトッププロスペクト王選手が控えています。ドラフトでは1位の古謝選手、5位の松田選手は先発でやれる能力を持っています。辛島選手以外は計算できませんが、ドラフト組の2人に注目です。

 

来季の陣容

ローテの軸:岸、田中、早川

ローテ入り:荘司、ポンセ

ローテ候補:瀧中、内、藤井、藤平

谷間:松井友、辛島

期待枠:王、古謝、松田

 則本選手の守護神転向により柱が不在となる先発陣ですが、岸選手、田中選手らベテランに頼るだけでなく、早川選手、荘司選手をはじめとした若手から柱となる選手が1人でも多く台頭することが望まれますね。内選手、藤井選手、藤平選手、松井友選手など候補はいるので誰がチャンスを掴むか注目です。

 

 

中継ぎ

評価のイメージと具体的な数値は以下の通りです。

   イメージ            数値

10点:最強               50試合、防0点台、40H or 30S

9点:                50試合、防1点前半、35H or 25S

8点:球界でもトップクラス      50試合、防1点台、30H or 20S

7点:他球団でも不動の勝ちパ     50試合、防1点台、25H or 15S

6点:勝ちパ濃厚           50試合、防2点前半、20H or 10S

5点:他球団でも接戦時で起用される  50試合、防2点台、20H or 10S

4点:接戦時にも貢献できる      50試合、防2点台、10H or 5S

3点:ビハインドなどで存在感を出せる    40試合、防3点前半 

2点:有事の際には一軍に入れる    30試合、防3点台

1点:数試合であれば貢献できる    15試合、防4点台

0.5点:期待枠

 中継ぎは登板数、防御率、ホールド数、セーブ数をもとに評価をつけたいと思います。評価をつける際はこの数値を来季8割方クリアしてくれるだろうという推定で評価を付けます。

 登板数は起用されているという点で首脳陣からの信頼を表していると思うので最も重要な指標としています。次点で選手の成績を表しやすい防御率を参考にしています。また、ホールド数、セーブ数は大事な立ち位置を任されているという首脳陣からの信頼度が現れている指標だと思うので、登板数が一定数を超えるとそちらを重要な要素に切り替えて見ています。

 ちなみに数値を見てもらえればわかりますが、今回の評価はかなり辛めに付けています。50試合、防御率2点台で5点ですからね。10点の選手はほぼ出ないと思ってください。ただ、先発よりは出やすいと思います。計算が立ちやすいということで複数年連続で結果を残している実績のある選手を高めに評価しており(中日マルティネス選手など)、逆に昨年ブレイクしたような単年活躍の選手は少し評価を落としています(日本ハム田中選手など)。

 

2023年の成績を今回の評価に反映すると以下のようになります。

10点:松井裕

9点:

8点:

7点:渡辺

6点:

5点:酒井、鈴木、宋

4点:安樂、内

3点:

2点:西口

1点:宮森、伊藤

0.5点:

計44点

 中継ぎは44点でかなり高いです。前年に活躍していた西口選手、宮森選手が不振に苦しみ、勝ちパの一角を担っていた宋選手も前半は中々調子が上がりませんでした。そんな中絶対的守護神である松井裕選手は昨年も無双級の投球を見せ、ルーキーの渡辺選手が大車輪の活躍でルーキーの中では12球団No1と言ってもいいくらいの貢献度がありました。12球団最多の試合数に登板した鈴木選手や今年も安定して接戦時に登板した酒井選手、どんな場面でも登板し1年間チームを支えた安樂選手、高卒3年目で53試合に登板し一軍に定着した内選手など後半になるにつれてメンバーが固まってきた印象です。後半には宋選手も復調していましたし、先発陣の苦しさを埋める活躍があったと思います。

 

2024年度想定戦力

10点:

9点:

8点:

7点:

6点:則本、渡辺、宋、ターリー

5点:酒井、鈴木

4点:

3点:

2点:

1点:伊藤、宮森

0.5点:石橋、西垣、弓削、津留崎、小孫、林、西口、櫻井

計40点

 

上位3人(チームの勝ちパ)

則本6点、宋6点、渡辺6点

 絶対的守護神である松井裕選手が抜けたため新たにエース格の則本選手が守護神に回ることになりましたね。侍ジャパンでも中継ぎ適正を見せていたので問題なく全うできると思います。単年活躍のため1点下げていますが、渡辺選手はもちろん今年もフル回転を期待されていますし、昨年の前半は不調だった宋選手も後半には復調しているので今年は問題なく勝ちパで起用できると思います。則本選手がハマれば勝ちパは安定するはずです。

 

4~6番手(接戦時、勝ちパも目指せる)

ターリー6点、酒井5点、鈴木5点

 4番手に昨年広島で防御率1点台の活躍を見せたターリー選手が新たに加入しています。チームに左投手が不足しているのでこの補強は大きいですね。ここに今年もフル回転が期待される酒井選手、鈴木選手が控えています。特に酒井選手は毎年安定しているので計算しやすいですね。有事の際はこの3人も勝ちパを担えると思います。

 

7~10番手(一軍で存在感を出せる)

伊藤1点、宮森1点、津留崎0.5点、弓削0.5

 6番手までは計算できますが7番手以降の選手がやや実力が劣ります。この位置の選手が上がってくることが大事になりますね。昨年ルーキーながら一軍で25試合に登板した伊藤選手は更なる上積みを期待したい投手です。初登板からの無失点記録を持つ宮森選手も今年は復調してほしいですし、津留崎選手、弓削選手は二軍で防御率1点台の好成績を残しているので一軍で活躍できるポテンシャルはあると思います。

 

その他の候補

若手有望株:小孫、林

実績組:石橋、西口

新加入:櫻井

 その他にも候補はいます。今年で2年目となる小孫選手は昨年ケガなどもあり期待通りの活躍が出来なかったと思うので今年はコンディションを万全の状態に整えて1年間戦って欲しいですし、同じく2年目となる林選手は昨年二軍で好成績を残し一軍デビューを期待されたタイミングでケガ離脱という不運もあったので今年は一軍デビューを期待したいです。実績組の石橋選手はもちろん一軍の戦力になると期待されていますし、トミージョン手術を受けたため育成契約に移行した西口選手ももしかしたらシーズン終盤に間に合うかもしれませんし、現役ドラフトで加入した櫻井選手は一軍で戦力になった経験もある選手でケガも癒えたので新天地で覚醒期待です。母数はやや少ないものの期待できる選手が揃っています。

 

来季の陣容

勝ちパ:則本、宋、渡辺

接戦時:ターリー、鈴木、酒井

ビハインド:宮森、伊藤、弓削

入れ替え要員:津留崎、石橋、櫻井

期待枠:小孫、林、西口

 松井裕選手、安樂選手の退団、内選手の先発転向で陣容が様変わりしそうですが、今年から守護神を任される則本選手に既存の宋選手、渡辺選手、鈴木選手、酒井選手を中心に運用されそうです。新加入のターリー選手、櫻井選手も計算できそうですし、新戦力の台頭で戦力ダウンは抑えられると思います。

 

まとめ

 楽天は先発陣が不安ですが、今年は則本選手が抜けるのでさらに戦力ダウンが心配されます。昨年良かった中継ぎ陣も戦力ダウンが懸念されますし、ポンセ選手、ターリー選手の補強はありますが、個人的には少し少ないように感じます。新戦力の台頭が必須になると思うので、誰が出てくるか楽しみです。

 

 

他球団の戦力分析はこちらから

 ↓   ↓   ↓   ↓  

開幕前戦力分析2024 カテゴリーの記事一覧 - 何はともあれ野球推し (zabero.net)

2024年度戦力分析投手編~阪神タイガース~

 

何はともあれ野球推しです。

 

 

 今回は各球団の開幕前戦力分析を行っていきたいと思います。今回は投手編ということで各球団の投手を先発、中継ぎの2つに分け各選手を0.5~10点と点数をつけて評価したいと思います。ちなみに記事を出す順番はルーレットで決めました。それでは見ていきましょう!!

 

 

今回は強力投手陣でリーグ連覇へ!!阪神タイガースです!!!

 

 

目次

  1. 先発投手
  2. 中継ぎ投手
  3. まとめ

 

 

 

 

先発

評価のイメージと具体的な数値は以下の通りです。

   イメージ            数値

10点:最強                160回、防1点台、15勝

9点:                 160回、防2点前半、13勝

8点:球界でもトップクラス       140回、防2点前半、12勝

7点:他球団のエースと渡り合える    140回、防2点台、10勝

6点:エース級             120回、防3点前半、10勝

5点:他球団でも主力でローテを担える  100回、防3点前半、8勝

4点:主力としてローテを守れる     100回、防3点台、7勝

3点:1年間ある程度計算できる       70回、防3点台、5勝 

2点:谷間など有事の際にローテを守れる 50回、防4点台、3勝

1点:数試合であれば貢献できる     30回、防4点台、2勝

0.5点:期待枠

 

 先発は投球回数、防御率、勝利数をもとに評価をつけたいと思います。評価をつける際はこの数値を来季8割方クリアしてくれるだろうという推定で評価を付けます。

 投球回数は先発起用されているという点で首脳陣からの信頼を表していると思うので最も重要な指標としています。次点で選手の成績を表しやすい防御率を参考にしています。勝利数は打線の兼ね合いもあるので運要素があり評価には直結させていません。あくまでもイメージこれくらい勝ってくれるだろうという指標です。

 ちなみに数値を見てもらえればわかりますが、今回の評価はかなり辛めに付けています。100回、防御率3点台で5点ですからね。10点の選手はほぼ出ないと思ってください。計算が立ちやすいということで複数年連続で結果を残している実績のある選手を高めに評価しており(オリックス宮城選手など)、逆に昨年ブレイクしたような単年活躍の選手は少し評価を落としています(阪神の村上選手など)。

 

2023年の成績を今回の評価に反映すると以下のようになります。

10点:村上

9点:

8点:伊藤、大竹

7点:

6点:才木

5点:

4点:西勇、青柳

3点:西純

2点:

1点:ビーズリー

0.5点:

計44点

 昨年は強力先発陣を形成していました。エース格の青柳選手、西勇選手が不振で前年ほどの活躍ができませんでしたが、新戦力の台頭で十二分に穴を埋めました。鮮烈デビューを果たした村上選手は勢いそのままシーズンを駆け抜け最優秀防御率のタイトルを獲得し、新人王、シーズンMVPにも選出されました。現役ドラフトで加入した大竹選手は開幕ローテ入りを果たすとみるみるうちに勝ち星を積み重ね1人で貯金10をかせぎました。伊藤選手は開幕こそケガで間に合わなかったものの合流後はいつも通り安定した投球を見せキャリアハイの成績を残しました。終盤にケガでの離脱があったものの才木選手も防御率1点台でシーズンを終えていますし、若手有望株の西純選手も5勝を挙げました。谷間ではビーズリー選手も先発し短いイニングを安定して消費してくれました。シーズン通して安定しておりリーグ優勝の要因の1つになったと思います。

 

 

2024年度想定戦力

10点:

9点:

8点:村上、伊藤

7点:大竹

6点:才木

5点:

4点:西勇、青柳

3点:西純

2点:

1点:ビーズリー、門別

0.5点:森木、富田、秋山、鈴木、高橋、下村

計45点

 

上位3人(チームの主力格)

村上8点、伊藤8点、大竹7点

 村上選手、伊藤選手、大竹選手の3本柱は強力ですね。村上選手は流石に昨年ほどの成績を求めるのは酷なので点数を下げていますが、今年もエース級の投球を期待されています。伊藤選手は3年間安定した投球を見せているので今年も柱として計算出来ますし、大竹選手は単年活躍+昨年の後半に調子を落としたので1点下げていますが、伊藤選手同様柱の1人として計算されていると思います。村上選手、大竹選手が2年目のジンクスに苦しむことがなければ今年も強力な布陣と言えると思います。

 

4~6番手(ローテ入り選手)

才木6点、西勇4点、青柳4点

 4番手の才木選手はシーズン終盤にケガがあったもののそのままシーズンを全う出来ていれば8点レベルの成績を残していた選手です。今年は更なる上積みを期待出来ると思います。5~6番手に本来エース格であるはずの西勇選手、青柳選手がいるのが凄いですね。昨年のままで終わるはずがないので今年の奮起に期待したいです。4~6番手の選手の更なる上積みがあればローテ内の選手が全員エース格という最強の布陣になりそうです。

 

7~10番手(ローテ候補)

西純3点、ビーズリー1点、門別1点、森木0.5点

 7番手の西純選手も若手有望株の1人で本来ならばローテに入ってきて欲しいですね。春季キャンプでは苦しんでいるようですが、ここから上がってきてローテ争いを繰り広げて欲しいです。ここに昨年谷間で貢献のあったビーズリー選手や春季キャンプでアピールしている高卒2年目の門別選手、高卒3年目の森木選手の若手有望株コンビが控えています。下からの突き上げがあるとローテ争いも熾烈になりそうです。

 

その他の候補

若手有望株:富田、鈴木、茨木、川原

実績組:秋山、高橋

新加入:下村

 11番手以降にも候補はいますね。3度の二桁勝利の経験がある秋山選手は投手陣の中でもベテランで有事の際は上がってこれる選手です。昨年中継ぎで一軍の戦力になった富田選手は先発に挑戦中で若手有望株にも鈴木選手、茨木選手もいます。育成には若手有望株の川原選手やケガさえなければ球界トップクラスのポテンシャルを持つ高橋選手いますし選手は豊富です。ドラフト1位の下村選手も注目ですし、期待値の高い選手が多いです。

 

来季の陣容

ローテの軸:村上、伊藤、大竹、才木

ローテ入り:青柳、西勇

ローテ候補:西純、門別、森木

谷間:ビーズリー、秋山、富田

期待枠:鈴木、茨木、川原、高橋、下村

 本当に層が厚いと感じますね。ローテ内の6人はいずれもエース級の選手ばかりですし、7番手以降にも西純選手、門別選手、森木選手、高橋選手と期待値の高い選手が多いです。主力が複数人離脱とならない限りは今年も安泰だと思います。

 

 

中継ぎ

評価のイメージと具体的な数値は以下の通りです。

   イメージ            数値

10点:最強               50試合、防0点台、40H or 30S

9点:                50試合、防1点前半、35H or 25S

8点:球界でもトップクラス      50試合、防1点台、30H or 20S

7点:他球団でも不動の勝ちパ     50試合、防1点台、25H or 15S

6点:勝ちパ濃厚           50試合、防2点前半、20H or 10S

5点:他球団でも接戦時で起用される  50試合、防2点台、20H or 10S

4点:接戦時にも貢献できる      50試合、防2点台、10H or 5S

3点:ビハインドなどで存在感を出せる    40試合、防3点前半 

2点:有事の際には一軍に入れる    30試合、防3点台

1点:数試合であれば貢献できる    15試合、防4点台

0.5点:期待枠

 中継ぎは登板数、防御率、ホールド数、セーブ数をもとに評価をつけたいと思います。評価をつける際はこの数値を来季8割方クリアしてくれるだろうという推定で評価を付けます。

 登板数は起用されているという点で首脳陣からの信頼を表していると思うので最も重要な指標としています。次点で選手の成績を表しやすい防御率を参考にしています。また、ホールド数、セーブ数は大事な立ち位置を任されているという首脳陣からの信頼度が現れている指標だと思うので、登板数が一定数を超えるとそちらを重要な要素に切り替えて見ています。

 ちなみに数値を見てもらえればわかりますが、今回の評価はかなり辛めに付けています。50試合、防御率2点台で5点ですからね。10点の選手はほぼ出ないと思ってください。ただ、先発よりは出やすいと思います。計算が立ちやすいということで複数年連続で結果を残している実績のある選手を高めに評価しており(中日マルティネス選手など)、逆に昨年ブレイクしたような単年活躍の選手は少し評価を落としています(日本ハム田中選手など)。

 

2023年の成績を今回の評価に反映すると以下のようになります。

10点:

9点:岩崎

8点:

7点:

6点:石井

5点:加治屋、岩貞

4点:

3点:及川、桐敷、島本、ケラー

2点:

1点:馬場、ブルワー、湯浅、浜地

0.5点:

計41点

 中継ぎは41点で他球団と比べても高いです。主力である岩崎選手は安定した投球で守護神を全うしましたし、新たに台頭した石井選手や便利屋としてフル回転した加治屋選手、主力の岩貞選手など選手が豊富にいました。前年に活躍した湯浅選手、浜地選手が不振に苦しみ前半戦はやや不安定でしたが、後半には及川選手、島本選手、桐敷選手の左腕トリオが一軍で躍動し強力な布陣を築きました。終盤には12球団でもトップクラスの安定感を誇りましたね。今年にもつながる内容だったと思います。

 

2024年度想定戦力

10点:

9点:岩崎

8点:

7点:

6点:

5点:石井、岩貞、加治屋

4点:及川、桐敷、島本

3点:

2点:湯浅、浜地

1点:ビーズリー、ゲラ

0.5点:漆原、岡留、椎葉、石黒

計44点

 

上位3人(チームの勝ちパ)

岩崎9点、石井5点、岩貞5点

 上位の3人は格別強力というわけではありません。毎年安定している岩崎選手は今年も中継ぎの柱として計算できますし、岩貞選手も勝ちパを担うことが出来ます。ここに単年活躍のため1点下げていますが石井選手も昨年同様の活躍をすることが出来れば大きな戦力になります。この3人が昨年同様であれば安定しますね。

 

4~6番手(接戦時、勝ちパも目指せる)

加治屋5点、桐敷4点、島本4点

 4番手にジョーカー的な立ち回りができる加治屋選手が控えています。昨年はフル回転し過ぎて終盤にケガで離脱してしまいましたが、加治屋選手だけに負担がかからないような中継ぎ陣になると安定すると思います。カギを握るのは後半戦に台頭した島本選手、桐敷選手になると思います。2人とも防御率1点台と素晴らしい投球を見せていました。接戦時でも頼もしい戦力になっていました。この2人が更なる上積みをすることが出来れば中継ぎの層が厚くなると思います。

 

7~10番手(一軍で存在感を出せる)

及川4点、湯浅2点、浜地2点、ビーズリー1

 島本選手、桐敷選手同様に期待値の高い及川選手7番手にいます。2人と同じく勝ちパも担えるポテンシャルを持っていると思うので、今年はそこを目指して欲しいです。また、2年前に大活躍した湯浅選手、浜地選手が復活すると層がさらに厚くなると思います。ここにロングリリーフを中心に存在感を発揮できるビーズリー選手もおり計算できる選手が多いです。

 

その他の候補

若手有望株:岡留、岩田、富田

実績組:

新加入:ゲラ、漆原、椎葉、石黒、津田

 その他に新加入組が多数いますね。新外国人のゲラ選手は160㎞を超える剛速球を投げる選手でポテンシャルは高いです。現役ドラフトで加入した漆原選手もオリックスの分厚い中継ぎ陣に阻まれ一軍に定着できなかったものの環境の変化で化ける可能性を秘めています。ドラフト2位の椎葉選手、ドラフト5位の石黒選手、ドラフト6位の津田選手も即戦力として期待されていますね。若手有望株には岡留選手、岩田選手、富田選手が控えており若手の層も厚いです。

 

来季の陣容

勝ちパ:岩崎、岩貞、石井

接戦時:島本、桐敷、湯浅

ビハインド:及川、ビーズリー、浜地

入れ替え要員:ゲラ、漆原、椎葉

期待枠:岡留、石井、富田、石黒、津田

 こう見ると接戦時に貢献できる選手が豊富に揃っていますね。勝ちパがやや不安ですが、ここまで接戦時に活躍できる選手がいるので調子の良い選手で回すこともできると思います。また、湯浅選手が守護神に定着できるかも注目ですね。まだまだ上積みを期待できる選手も多く中継ぎ陣も強い印象です。

 

まとめ

 阪神は先発、中継ぎ陣共に強力ですね。どちらも安定感を更なる上積みを期待できる陣容を形成しており、アクシデントがない限りは崩れる未来が見えません。今年も優勝候補筆頭と言えるのではないでしょうか。

 

 

他球団の戦力分析はこちらから

 ↓   ↓   ↓   ↓  

開幕前戦力分析2024 カテゴリーの記事一覧 - 何はともあれ野球推し (zabero.net)